menu

>> 那覇本店一時移転のお知らせ

縫製技術

  1. TOP
  2. 日進の縫製技術
  3. 繊維工場のご案内

縫製工場のご案内

Guidance of garment factory

生産の流れ

Flow of production
  • 生産の流れ1. パターン作成
    1. パターン作成
    アパレル用CADを使用することで、よりスピーディーなパターン作成が行えます。手引きでは時間のかかるグレーディング作業も簡単にできます。
  • 生産の流れ2. パターン出力
    2. パターン出力
    作成したパターンの各パーツチェックをしながらペーパーに出力します。
  • 生産の流れ3. 裁断
    3. 裁断
    延反機で生地を重ねて、自動裁断機(CAM)で必要なパーツの形状に裁断していきます。手作業と比べ、スピードが格段に速く、正確に裁断する事が出来ます。
  • 生産の流れ4. マーキング
    4. マーキング
    サイズ別に使用する素材の幅に応じた型入れを行います。
    素材代は製品原価に対する割合が大きいため、 極力効率が良く無駄な部分が出ないようにマーキングを行います。 「アパレルCAD」にてマスターパターン(原型)を作成ます。
  • 生産の流れ6. 接着
    6. 接着
    芯を必要箇所、衿や前身頃等に接着していきます。既定の接着強度を保つため、使用する接着芯や表面に合った温度、時間、圧力等の テストを繰り返し行いテストデータを元に接着します。
    この設定を誤ると、接着芯の剥離や接着樹脂が生地の表面まで出てしまったりします。
  • 生産の流れ7. 縫製
    7. 縫製
    各パーツの裁断、接着が出来上がったところで、 それぞれを規格寸法に照らし合わせながら 既定の運針数で丁寧に縫い合わせていきます。
  • 生産の流れ8. ポケット作り
    8. ポケット作り
    数千人の指導員顧客サイズデータをもとに、 背広の腰ポケットなど玉縁仕立てのポケットは この機械で自動的に出来上がります。
  • 生産の流れ9. ボタンホール
    9. ボタンホール
    機械を使用し既定の位置にボタンホールをかがっていきます。
  • 生産の流れ10. まとめ・プレス・検品・納品
    10. まとめ・プレス・検品・納品
    まとめ作業。
    裾まつり縫い・しつけ等手作業の工程が縫製最終工程となります。 各所入念に仕上げていくため、検品の第一段階でもあります。 その後完成した商品は仕上げプレス工程と検針機等を使用し 入念に各所を検査した後、お客様へ納品となります。
閉じる
無料カタログ