menu

>> SKDC 2020 表彰式の様子はこちら

学生服・スポーツウェア

  1. TOP
  2. 学生服・スポーツウェア
  3. お手入れTIPS
  4. よくあるトラブルと解決方法
  5. ニットはなぜ縮むの?どのように洗えばいいの?

よくあるトラブルと解決方法

Tips 2ニットはなぜ縮むの?どのように洗えばいいの?

縮んだり、型くずれしにくい洗濯や干し方を。

tips04-03

ニット(編物)は糸で形成されたループが連結してできています。
このため、たて糸とよこ糸が交差した織物とは違って変形しやすく、洗濯時に水につけて布地を動かすとループが変形し、型くずれが起こります。
さらに綿ニットやウールニットの場合、繊維の特性が重なって縮みはさらに大きくなります。

ニットなどデリケートな衣類の洗い方

  1. 衣料取扱絵表示を確認
    まず、ニットに付いる品質表示に絵表示が記載されています。
    その絵表示を見て、洗濯方法を確認しましょう。
  2. 中性洗剤を使用
    繊維を痛めにくい、中性洗剤を使用しましょう。
    ※中性洗剤の種類については、『制服のお手入れ 基本編:制服にあう洗剤は?』を参照してください。
  3. 洗う時の水温にも注意
    ウールや綿などは、水温によっても劣化して縮む場合があるため、注意が必要です。
    ウール … 30℃以下の水温
    綿/麻 … 40℃以下の水温
  4. ネットを使用
    他の繊維と摩擦して毛玉ができないように、ネットに入れて洗いましょう。
  5. つけ置きがポイント
    “手洗い”だけでなく、“洗濯機洗い”でも15分程度洗濯液につけておくと、洗剤が繊維に浸透して、汚れが落ちやすくなります。
  6. 脱水は弱く
    手洗い:やさしく、まんべんなく押しながら脱水。
    ・洗濯機洗い:30~60秒の短時間で脱水。
  7. 平干しが基本
    ハンガー等に掛けて干すと、繊維に含まれた水分の重みで伸びてしまったり、型くずれしやすくなります。必ず、平干しにしましょう。

チェックポイント:織物と編み物の違い

布には織物と編み物があります。

織物

lsn3_01_img01

丈夫で形態が保ちやすく、毛玉ができにくい。
•たて糸とよこ糸が交錯している。
•糸のよりが強いものが多い。

編み物

lsn3_01_img02

保温性や伸縮性があり、しわになりにくく、洗濯後の乾きが速い。
•糸でつくられたループが連結している。
•糸のよりが弱いものが多い。

チェックポイント:縮の原因

洗濯により縮みやすい繊維には綿やウールがあります。

綿

吸水して繊維が太くなり、もとに戻らず収縮

shrinking_img01

ウール

繊維表面のキューティクルが絡み合って収縮(フェルト比)

shrinking_img02

閉じる